職場・バイト先での不思議なルール

職場・バイト先での不思議なルール

私はサラリーマン歴20年です

私はサラリーマン歴20年です。
転職を6回経験して、今の職場にいます。今の職場は8年目になりました。
なので、結構色々な職場を見てきたので、どんな状況が一般的かということが分かっていると思います。
そんな背景から、今の職場では不思議なルールがあります。今の職場では、建設業の資格を取得命じられることがあるのですが、その資格を取得させられる方は、若い方が多いです。
また、50歳以上は資格取得をしなくて構わないという、変なルールがあります。同じ社員なので、資格を取ることは大切なことですが、年齢制限がかけられております。若い方々は資格取得しても大したお金にならないので、モチベーションが上がりません。
会社は資格のポイントを稼ぎたいだけなのですが、上にいる上層部の方は資格取得免除という理不尽なルールです。
どこかで聞いた話ですが、やりたいことを貫きたいなら偉くなれということでしょうか。こういった変なルールがあるのですが、今まで転職した職場ではこんな変なルールは無かったです。

私が以前、バイト先で体験した不思議なルールは

私が以前、バイト先で体験した不思議なルールは、勝手にお店の中へ入ってはいけない、というルールでした。

早く着いて鍵を持っている人がお店の中に入り、どんどん開店準備をした方が効率的です。

しかし、私がバイトをしていたお店はそうではなかったのです。
鍵を持っていても、目下の人が先にお店の中に入ってはいけないことになっていました。
それなら、最後に到着すればいいやと思うものです。

しかし、それはそれで怒られます。目下の人こそ、誰よりも先にお店に来て待っていなくてはいけないという、暗黙の了解のようにもなっていたのです。
その為、夏場は暑い日差しの中、外で延々と待っていなくてはなりませんでした。
冬は冬で、寒い中、ブルブルと震えながら、鍵を持った先輩達を待ちわびていなくてはなりませんでした。

不思議なルールがあったものです。

でも、このルールを改善したのは私です。
長く勤めたことで、私がようやく鍵を持てる先輩の立場になれたからです。
それからは、私が誰よりも先に来て鍵を開け、後輩たちが来るまでの間、お店の中を快適な温度にするようになりました。

Copyright (C)2016職場・バイト先での不思議なルール.All rights reserved.